一般社団法人大阪代協

企画環境委員会

TOP > 活動報告 > 企画環境委員会

◆保険業法が改正され、顧客本位の業務運営に基づき、お客様の支持を競う方向性が打ち出されました。これはある意味競争の時代と言っても良く、そこでは、「公平・公正な募集環境」が大前提となります。
◆すなわち、保険代理店という職業が、バランスを保って将来に亘り発展して行くためには、「公平・公正な募集環境」を構築し、維持して行く必要があります。
◆企画環境委員会では、様々なチャネル、業種、保険会社が入り組んで保険募集が行われるマーケットにおいて、「公平・公正な募集環境」の維持を第一の目的として事業に取り組んでいます。

◆また、保険代理店の経営品質向上のための環境づくりも委員会の役割です。

            2020年度企画環境委員会PDCAシート

日本代協の取組み

(1)取組概要 ⇒ リンク入口
(2)ディーラー、銀行窓販注意喚起チラシ ⇒ リンク入口
(3)代理店賠責「日本代協新プラン」の推進 ⇒ リンク入口

大阪代協の取組み

 大阪代協では、公平・公平な募集環境を維持するために、問題のある募集行為についてモニタリングを行い、阪神ブロック協議会を経て日本代協に報告を行っています。
 また、当委員会や理事会にて協議を行い、当地において警告を発したり、改善を求める行動も起こしています。

◆募集環境問題報告書面等 ⇒ リンク入口

 事例 ⇒ ディーラーに対する抱き合わせ販売の警告

委員会

>資料集
ページの先頭へ