一般社団法人大阪代協

代理店賠責について

TOP > 初めてのご覧になる方へ > 代理店賠責について

代理店が加入する保険

日本代協が、代理店のコンプライアンスが問われる時代となったことを認識し、代理店の皆様が万一の場合に備えていただくた めに,賠償責任を補償する代理店賠責「日本代協 新プラン」を導入いたしまた。


保険業法第 283 条は、「保険契約者の保護に加えて、所属保険会社の代理店に 対する教育指導等の責任」を目的としています。保険会社の代理店に対する教 育・指導責任とこれに対する代理店の遵守義務とが一体となって、はじめてコン プライアンスに従った正しい募集活動を繰り広げることが可能となります。
代理店の責任 代理店が保険募集につき保険契約者に加えた損害は、保険業法第 283 条で所 属保険会社が責任を負うとされています。しかし、同条第 2 項では保険会社が代 理店委託につき相当の注意をし、かつ保険契約者に加えた損害発生の防止に 努めていたにもかかわらず発生した損害については免責とされ、さらに同条第 4 項において所属保険会社は代理店に対し求償権を行使できるとされています。

詳細はこちら ➡︎代理店賠責 日本代協新プラ

初めてご覧になる方へ

ページの先頭へ