一般社団法人大阪代協

住友三井オートサービス提携事業

TOP > 住友三井オートサービス提携事業

<事業の概要・目的>
◆国内大手の自動車リース会社、住友三井オートサービス社をニーズを伴うお客様にご紹介します。
◆自動車リースとは、お客様に最適な車両を長期間・一定料金で導入できるサービスです。車両管理業務のプロに、煩雑な業務をアウトソーシングすることにより、お客様の業務の効率化・高度化を実現し、その上でコストダウンにもつながる可能性があります。
◆ 私達が提供する損害保険に、メリットあるリース契約を付加価値としてお客様に総合提案することで、他の代理店との差別化が可能になります。
◆紹介者である会員の皆様には約定した手数料が支払われます。

<事業の特徴>
◆大阪代協は「住友三井オートサービス株式会社」と業務提携契約を締結し、自動車リースを検討している会員のお客様を紹介しています。
◆住友三井オートサービス社のグループ保有台数は100.8万台(2020年3月末時点)となっています。2019年度の購入実績は、車両約12万台、タイヤ約8万本、バッテリー約13万個となっていて、そのスケールメリットを活かした提案が可能です。お客様のメリットは管理業務のアウトソーシング効果を含め多岐に亘ります。

 ⇒ お客様向けチラシリンク ご参照
◆リース契約には事前審査が必要になります。
お客様に正式にご提案する前に、まず下記の担当者へ相談して下さい。

👉こちらをクリックしていただくと上記担当表のPDFが展開しメールアドレスが有効になります。

<取組みのすすめ方>
①(現状分析等に基づき)自動車リースを提案するお客様を選定する。お客様の意向を確認する場合は、上記リンク先にある「お客様向けチラシ」を使用する。
②リース契約は与信判断が必要なため、上記担当者と相談を行う。
③②の結果アテンドOKであれば、お客様のアポイントを調整する。もしくは住友三井オートサービス社から連絡が入る旨お客様に伝え、担当者に連絡する。
④商談の進捗・結果を担当者と共有する。

<紹介手数料体系>
👉こちらをクリックしていただくと手数料表が展開します。ご確認下さい。

ページの先頭へ