一般社団法人大阪代協

南大阪支部の活動報告

TOP > 活動報告 > 南大阪支部

南大阪支部会が開催されました。~カーリース事業を学ぶ編~

2020.11.23

去る令和2年11月20日(金)、東京海上日動藤井寺支社の会議室にて、11月度南大阪支部会が開催されました。手指の消毒とマスク着用、ソーシャルディスタンス確保など、新型コロナウィルス感染対策を充分講じた上でのリアル開催
でしたが、直近の状況もあり集まったのは9名と、ちょっと寂しく感じられました。
でも参加者は、数か月ぶりに顔を合わせたこともあり終始和やかに進行いたしました。

この日は『今、リースカーがお得です!~リース契約に変更することのメリット~』と銘打ち、住友三井オートサービス社の、阿古智治氏と木藤雅人氏より代協の提携事業である『カーリース事業』を、法人顧客をターゲットにした内容で
ご紹介いただきました。

最近では法人業務に使用される自動車の特徴として、自社所有車は年々減少傾向にあり、替わって、リース車両を
導入する法人が増加傾向にあり、特に2000年以降着実に浸透してきています。

法人側のメリットとしての大きなものは、代表的なものとして以下の点が挙げられます。
①メンテナンスリースを選択すれば車両管理業務をすべてリース会社任せにできる
②リース会社側の車両大量仕入れにより車両調達コストを削減できる
③支出の平準化が可能となり事業計画が立てやすくなる・・・等々。

上手に活用すれば、顧客側の業務のスマート化・コスト削減もでき、我々保険代理店側にとっても顧客との安定した
長期契約の確立(リース契約期間は5年程度が一般的)に繋がります。何より、良い制度を紹介し喜んでいただければ
更なる信頼関係を築くことにも役立つでしょう。
プレゼンの後は質疑応答も行われ、皆それぞれの顧客を想像しながらの具体的な質問が飛び交い、一つ一つ真摯にお答えいただきました。
コロナウィルスの影響だけに限らず、顧客との関わり方は刻々と変化していきます。関係強化の為の有効な
手段であるので、カーリース事業を始め各種提携事業を勉強し、機会があれば積極的に活用してみたいと感じました。

(記事:南大阪支部 編集委員 田中 裕夫)

最近の記事

月別アーカイブ

ページの先頭へ